格安SIM(MVNO)はDMMモバイルがおすすめ

dmmmobileロゴ

格安SIM(MVNO)はDMM mobileがおすすめです。

DMMモバイルは月額440円 660円からと大変格安な格安SIM(MVNO)業者です。DMMモバイルはNTTドコモの電話回線を利用しているので、日本全国で高い品質で安定した通話、通信を行うことができます。

現在NTTDocomoでスマートフォンを契約されている方は、今使っているスマホ端末をそのまま使うことができ、面倒な電話帳、画像などのデータ移行アプリの再設定など不要なので、ドコモを使っている方は特にオススメです。

dmmmobile料金表1

dmmmobile料金表2

DMMモバイルの料金プランは、データ専用のデータSIMプラン、通話とデータ通信がセットになった通話SIMプランの2つのプランからなります。スマートフォンで通話が不要な人、タブレット端末を使いたい人はデータSIMプランを選択します。通話が必要な人は通話SIMプランを選択します。電話番号の引継ぎ(番号ポータビリティー MNP)もできます。現在利用している携帯会社に電話してMNP予約番号を発行してもらってから申し込みします。

高速通信容量は、1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GBの7種類から選べます。また、家族向けに、最大3枚のSIMで高速通信容量を分け合える「シェアコース」もあります。(8GB・10GB)

DMMモバイルのデータ通信は1GB 660円とかなり激安ですが、1GBだと直ぐにデータを使い切ってしまって使えなくなるのではないかと思うかも知れません。しかし、DMMモバイルは1GBを使い切っても、低速モード(最大200kbps)で継続して使うことができます。低速モードではネット閲覧、メール、LINEが問題なく使えます。

格安SIM業者を安く使う秘訣はこの低速モードを有効に使うことです。低速モードはデータ使用量にカウントされない、いわば無料通信みたいなものです。
DMMモバイルでは、データ通信の高速モードと低速モードを簡単に切り替えできるスマホアプリを提供しています。通常は低速モードにしておいて、動画、地図アプリ、ゲームなど高速通信をしたいときだけ高速モードにすれば、1ヶ月1GBに抑えられるかもしれません。

DMMモバイルでは、余った通信データを翌月に繰り越すことが出来ます。また、毎月プラン変更が可能です。
今月のデータが多く余りそうでしたら、翌月は通信量の少ないプランに変更して、データを無駄にせず効率良く使うことができます。

詳細はDMM mobile

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク