ビックカメラ独自の8インチWindows 10タブレット SG080iBK/SL発売 価格とスペック、レビュー

ビックカメラSG080iBKSL

ビックカメラは、2015年12月に8インチディスプレイ搭載の自社オリジナル、SIMフリーWindows 10タブレット SG080iBK/SLを発売しました。メーカーは旭エレクトロニクスで、品番はSG080iBK(ブラック)、SG080iSL(シルバー)の2種類です。

ディスプレイは8インチ(1,920×1,200ドット)で高画質。CPUはクアッドコア、メモリー2GB、ストレージ64GB、バッテリー4,000mAhと十分なスペックです。

スポンサーリンク

ビックカメラWindows 10タブレット SG080iBK/SLのスペック

・ディスプレイ 8インチ(WUXGA)(1,920×1,200ドット)

・CPU クアッドコア Atom Z3735F

・OS Windows 10 Home 32bit

・RAM 2GB

・ROM 64GB

・外部メモリー microSD

・サイズ 123.5×8.3×213.6mm

・重量 360g

・バッテリー容量 4,000mAh

・Wifi IEEE 802.11a/b/g/n

・Bluetooth 4.0

・カメラ リアカメラ500万画素、フロントカメラ200万画素

・カラーバリエーション ホワイト、ブラック

ビックカメラWindows 10タブレット SG080iBK/SLの価格

SG080iBK/SLの価格は17,800円(税抜)と格安です。全国のビックカメラ、コジマ、ソフマップで販売されます。オプションで有料の3年間、5年間の長期保証を付けることも可能です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク