Moto G4 Plus 発表。スペック、レビュー、評価、価格、発売日

Moto G4 Plus
スポンサーリンク

Moto G4 Plus 発売

Moto G4 Plus(モト ジーフォー プラス)は、2016年7月発売された、Motorola(モトローラ)のSIMフリースマートフォンです。グローバルでは、Moto G Plus、Moto G、Moto G Play、の3機種が発表されていましたが、国内モデルはMoto G4 Plus の1機種のみとなっています。

Moto G4 Plus のスペック

・OS Android 6.0

・ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1,920×1,080ドット)

・CPU オクタコア Snapdragon 617 (1.5GHz)

・RAM 2GB/3GB

・ROM 16GB/32GB

・外部メモリ microSDカード(最大128GB)

・カメラ メインカメラ 1,600万画素、サブカメラ 500万画素

・通信 4G LTE(B1/3/5/7/8/19/20/28、TD-LTE)、3G(B1/2/5/8/19)

・Wifi IEEE 802.11a/n

・Bluetooth Bluetooth 4.0LE+EDR

・バッテリ容量 3,000mAh

・サイズ 76.5×152.9×7.87mm

・重量 157g

・その他 指紋認証機能、デュアルMicro SIMスロット(Nano SIM変換アダプタ付属)、TurboPower高速充電、指紋認証機能

・カラーバリエーション ホワイト、ブラック

Moto G4 Plus のレビュー、評価

Moto G4 Plus は5.5インチFHDディスプレイ搭載。CPUはオクタコア、メモリ2GB、ストレージ16GB(最上モデルはメモリ3GB、ストレージ32GB)、バッテリ容量3,000mAh、指紋認証機能、高速充電機能など、十分なスペックのSIMフリースマートフォンです。OSはAndroid6.0 で、秋にリリース予定の Android N(Nougat)へのアップグレード対応予定です。

Moto G4 Plus の特徴の一つに、デュアルSIMスロット対応で、LTEと3Gの同時待ち受けに対応しているということです。例えば、ドコモ携帯電話のカケホーダイプランで契約したSIMを片方にいれて、もう片方には、格安SIM(MVNO)のデータ通信用SIMを入れる使い方が考えられます。現在、格安SIM各社では完全な通話かけ放題プランが提供されていません。(1回の通話時間が5分以内とか制限付きになります)

デュアルSIMで同時待ち受け対応のSIMフリースマートフォンを使えば、ドコモの携帯カケホーダイプランが月額2200円、FREETELのデータ通信SIMが1GB で月額499円 と、月額2699円で通話かけ放題、1GBのデータ通信のスマートフォンを持つことができます。

Moto G4 Plus の価格

Moto G4 Plus は、2016年7月13日から予約開始、7月22日に発売開始予定です。価格はRAM 2GB、ROM 16GBモデルが32,800円、RAM 3GB/ROM 32GBモデルが35,800円 です。

SIMフリーモデルなので、freetel SIM、DMM、Sonet、楽天モバイルなど、ドコモ系の格安SIM(MVNO)が利用できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク