FREETEL SAMURAI KIWAMI 2(極2) KIWAMI(極) スペック比較

freetel-kiwami-kiwami2-%e6%af%94%e8%bc%83
スポンサーリンク

FREETEL KIWAMI 2(極2) KIWAMI(極) スペック比較

FREETEL(フリーテル) SAMURAI KIWAMI 2(極2)(サムライ キワミツー)は2016年12月発売予定、SAMURAI KIWAMI(極)(Sサムライ キワミ)は、2015年11月発売のプラスワンマーケティングのSIMフリースマートフォンです。KIWAMI 2 は5.7インチディスプレイ、KIWAMIは6インチディスプレイ搭載の格安スマホです。

機種名 KIWAMI 2(極2) KIWAMI(極)
OS Android 6.0(Android 7.0にアップデート予定) Android 5.0 Lollipop
ディスプレイサイズ 5.7インチ 6インチ
解像度 WQHD (2560×1440) WQHD (2560×1440)
CPU デカコア(10コア) MediaTek Helio X20 MT6797 2.3GHz オクタコア MediaTek Helio X10 2.0GHz
メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
メインカメラ 1600万画素 1600万画素
インカメラ 800万画素 800万画素
バッテリー容量 3400 mAh 3400 mAh
サイズ 153.0×76.0×8.65mm 157.2×77.5×7.2mm
重量 168g 182g
価格 49800円 29800円(公式オンライン価格)(旧価格39800円)

KIWAMI 2 は、KIWAMIの後継モデルで大画面のファブレットモデルです。外観は樹脂製からメタルボディになり高級感が上がりました。ディスプレイサイズは6インチから5.7インチへと若干小型化されました。CPUはオクタコアからデカコアへ、メモリは3GBから4GBへ、ストレージは32GBから64GBへと性能が向上しました。カメラ、バッテリーの性能は据え置きです。サイズはディスプレイサイズが変わった関係上若干小型になり、メタルボディの採用により重量が若干重たくなっています。他にもデュアル待ち受け(Dsds)、USB Type-C 対応になっています。

価格は39800円から49800円へと1万円高くなっています。一方、旧モデルのKIWAMI は29800円へと値下げになっており、両機種ともコストパフォーマンスの高いSIMフリースマホになっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク