FREETEL SAMURAI REI(麗)スペック、価格、発売日、レビュー

FREETEL SAMURAI REI(麗)

FREETEL SAMURAI REI(麗)(フリーテル サムライ レイ)は、2016年5月17日に発表された、プラスワンマーケティングのSIMフリースマートフォンです。

スポンサーリンク

SAMURAI REI(麗)のスペック

・OS Android 6.0

・ディスプレイ 5.2インチIPS液晶 フルHD(1080×1920ピクセル)(ガラス部 Gorilla Glass 3)

・CPU オクタコア MediaTek「MT6753」

・RAM 2GB

・ROM 32GB

・外部ストレージ microSDXC(最大128GB)

・バッテリー容量 2800mAh (取り外し不可)

・カメラ メインカメラ 1300万画素、インカメラ800万画素

・サイズ 71.5×145.8×7.2

・重量 136g

・通信 LTE(FD-LTE)Band 1/3/7/8/19/20、W-CDMA 1/6/8/19

・Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n

・Bluetooth Bluetooth4.0

・その他 指紋認証センサー、デュアルSIM(microSIMとnanoSIM各1枚)、テザリング

・カラーバリエーション スカイブルー、メタルシルバー、ピンクゴールド、シャンパンゴールド、メタルブラック

SAMURAI REI(麗)の評価、レビュー

FREETEL SAMURAI REI(麗)は、2016年2月に発表されました。FREETEL SAMURAIシリーズは、5インチディスプレイのMIYABI(雅)、6インチディスプレイのKIWAMI(極)に続く3機種目となります。

REI は5.2インチディスプレイ搭載でXperia Zシリーズと同等のサイズです。MIYABI、KIWAMIはリアがプラスチック製でしたが、REIはアルミフルメタルボディで高級感の向上が図られています。また、カラーも5種類と多くカラフルな端末もラインナップされています。

スペックはOSが最新のAndroid 6.0、ディスプレイはフルHDで高画質で強度の高いゴリラガラスを採用しています。CPUはMediaTekのオクタコア、メモリ2GB、ストレージ32GBとハイスペックで既存のキャリアのスマートフォンと比較しても遜色の無いスペックです。カメラはメインカメラが1300万画素、インカメラ800万画素と十分なスペックです。バッテリー容量は2800mAhと十分な容量ですが、MIYABIのようにバッテリー交換が出来ないのが残念です。 通信はLTEがBAND19に対応しているので、ドコモ系の格安SIMで問題なく使用可能です。

他には、Galaxyシリーズのようにホームボタン(FREETELボタン)が搭載されているのが特徴です。ホームボタンは、指紋認証センサーを兼用しています。ホームボタンは軽く押すと「戻る」、1回押すと「ホーム画面に戻る」、2回押すと「最近使ったアプリ」に移動します。

SAMURAI REI(麗)の価格、発売日

SAMURAI REI(麗)の価格は29900円です。2016年5月20日に予約開始、2016年5月27日に発売されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク